【アニメ】「えんとつ町のプペル」見どころと感想!

poupelle

えんとつ町のプペル

ココ

今回は、今話題の「えんとつ町のプペル」だワン!
西野亮廣氏原作のえんとつ町のプペルが映画化されたんだよね。

エイタ

ユカ

もともと絵本を作ってるときから映画化を意識して作られたって聞いてたから楽しみ♩

作品情報

タイトル:えんとつ町のプペル
上映時間:100分
公開:2020年
監督:廣田裕介
原作・脚本:西野亮廣
キャスト:
プペル役 窪田正孝
ルビッチ役 芦田愛菜
ブルーノ役 立川志の輔
ローラ役 小池栄子

オフィシャルサイト

ココがポイント
  • 65万部を突破した絵本『えんとつ町のプペル』を映画化
  • 第44回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞
  • 原作の世界観を表現した圧倒的な映像美&アニメーションの完成度

あらすじ

信じて、信じて、世界を変えろ。

厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノの 息子・ルビッチは、父の教えを守り“星”を信じ続けていた。しかし、ルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となり、ルビッチとプペルは「星を見つける」旅に出ると決意する。父を 信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?

 

soukanzu

 

作品のポイント:絵本『えんとつ町のプペル』

西野亮廣氏が脚本・監督となり、完全分業制で制作した絵本 えんとつ町のプペルが原作となっています。
2021年1月時点で累計発行部数は65万部を突破し、絵本業界では異例の大ヒットとなっています。
原作では描かれなかったえんとつ町の物語を映画では公開しています。

ehon

画像クリックで、絵本『えんとつ町のプペル』が無料で読めますので、読んだことがない方はぜひ読んでみてください!
西野亮廣氏が「高くて買えない子どもたちのために」と無料で全ページを公開しました。

作者曰く、絵本『えんとつ町のプペル』は映画を意識して作られたとのことで、非常に絵のクォリティが高く映画を見ているような感じがしました。
私は最初、無料でえんとつ町のプペルを読んでから気に入って、本を買いました!
最初に発売されたのが2016年なので、5年ほど経過してますが映画の公開もあるし、売れ続けてるのはすごいですね。
それだけ作品の魅力が凄いんだなと思います!

作品のポイント:映画『えんとつ町のプペル』公開

絵本発売から、約5年経って2020年12月25日にいよいよ公開されました。
西野亮廣氏が製作総指揮・原作・脚本を担当し、STUDIO4℃がアニメーション制作を担当しました。
映画では絵本を基にしながら、描かれなかった物語を描き出して、映像化されました。

子供から大人まで楽しめる作品で、賞賛の声が多いですね!
感動している人が多く、何回も観に行く人もいますね!

https://twitter.com/SY74694457/status/1356087057492267015

公開後、首位になり、第44回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞を受賞しました!
作品賞5作品の中から最優秀作品賞を1作品選ばれるんですが、受賞するかもしれないですね!

評価

4 out of 5 stars (4 / 5) 

配信情報

2021年2月4日時点で公開中のため、なし

感想

絵本を観た人なら分かると思いますが、作品への情熱、ストーリー、映像美と本当に素晴らしい作品だなと思いました。
私自身、2016年に絵本を観てから、いくつかのプペルの展示会に行ったり、西野さんと会ったこともあり作品への思い入れもあり余計感動しました。
最初絵本も分業制で、クラウドファンディングで費用を募ったりして、色々周りから叩かれた時もあったんですがそれと作品は全然関係なく、誤解されたこともあったと思いますが作品への情熱や参加しているクリエイターの皆さんは素晴らしいと思いました!

温かみのある映像と、アクションの数々であっという間に物語に引き込まれ、
ルビッチとプペルの友情やあきらめないことの大切さなど、学べることが多くて楽しめる作品だなと思います!
絵本見てなくても十分楽しめる作品なのでオススメします!

今はコロナで大変な日々が続いていますが、ルビッチのように夢を信じる心や夢を諦めない姿をみて頑張ろうと思いました!

poupelle2

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です